†幻想螺旋†

脳内観察哲学日記と化した高校生観察帳。

Articles

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bland black ground

柔和な黒い地面。

僕らは其処が底辺だと勘違いして。
隠れてゆく地面の凹凸。

雨が、闇が、陰が、

隠していく地面の凹凸。

安息が其処にあると知って墜ちて行く暗さ。

陰が黒い地面に墜ちて行く。

上を見たら蒼い世界に眩んだ。

空に墜ちてく陰が其処に在る。

僕らはどちらに墜ちて行けばいいんだろう?

ボク等はどちらに墜ちて行けばいいんだろう?

誰も答えない質問をぼくは繰り返す。

――もう一人のぼくは何処に行くんだろう?
唯、独りになった蒼い闇に僕は叫び続ける。

・・・誰にも理解されない質問を、ずっと、ずっと繰り返す。
スポンサーサイト

トラックバックURL

http://darkcat5.blog55.fc2.com/tb.php/69-7d95db46

この記事へのトラックバック

この記事へのコメント

コメント投稿フォーム

管理者にだけ表示を許可する

Paging Navigation

Navigations, etc.

About This Website

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。